作品紹介

呪術廻戦に登場する両面宿儺は存在する!その姿とは?

2020年10月からアニメが放送開始する「呪術廻戦」。

今回は週刊少年ジャンプの期待の新星、芥見下々(あくたみ げげ)先生の漫画「呪術廻戦」の紹介と合わせて作品内に登場する両面宿儺(りょうめんすくな)の姿と人物像を考察していきます。

 

単行本0巻については、こちらの記事で紹介しています。

呪術廻戦アニメ放送前に0巻は読んだ方がいい!0巻はアニメ化する?

両面宿儺は、本当に最悪の呪霊だったのか?

両面宿儺が実在する根拠

両面宿儺を崇めるお寺と人物像

虎杖の両面宿儺化した完全体を予想する

 

簡単なあらすじ

抜群の身体能力を持つ主人公・虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)。

虎杖は、特級呪物「両面宿儺の指」の封印を解いてしまった先輩と呪術師・伏黒恵を助けるため指を飲み込んでしまう。

その事で虎杖の体に、宿儺と虎杖の意思が共存することになります。

復活した宿儺は、一瞬で呪霊を退治し、人類に危害を与えようと考える。

その場は虎杖の意思による妨害と「最強の呪術師」である五条 悟によって宿儺の意思を抑えることに成功します。

既に受肉してしまった宿儺を危険と判断され、処刑対象となってしまった虎杖。宿儺の意思を押さえ込むことができた虎杖に、可能性を感じた五条は東京都立呪術高等専門学校への編入を勧めるのであった。

 

両面宿儺が実在する根拠

実は、呪術廻戦に登場する両面宿儺は実在したと言われています。

と言うのも、日本書紀に両面宿儺に関することが書かれているからです。

両面宿儺については日本書紀にこんな一説があります。

「六十五年 飛騨國有一人 曰宿儺 其為人 壹體有兩面 面各相背 頂合無項 各有手足 其有膝而無膕踵 力多以輕捷 左右佩劒 四手並用弓矢 是以 不随皇命 掠略人民爲樂 於是 遣和珥臣祖難波根子武振熊而誅之」

日本書紀より

現代風にいうと飛騨国に宿儺という一人の人物がいました。その人物は、一つの胴体に二つの顔がありそれぞれ反対をむいており、腕と足が4本ある異形の姿です。

力は強く、足は素早く両方の手で剣を持ち4本の手で弓を二振りの弓矢を放ったと記しています。

悪逆を繰り返す宿儺を討伐するため和珥臣(わにうじ)の祖、難波根子武振熊(なにわねこたけふるくま)を遣わしてこれを誅しそうです。

この一説は、仁徳天皇が記した書物であるだけに異形の姿を本当にしていたかは今となってはわかりません。

ですが、かなり強い人物だったことは間違いなさそうです。

 

両面宿儺を祭るお寺と真実の姿

日本書紀に記されているような悪辣な人物像が、想像される宿儺ですがいくつものお寺で立像などが所蔵されています。

  • 飛騨の千光寺(宿儺が開山したとされている)
  • 岐阜県高山市の善久寺
  • 岐阜県関市の日龍峰寺

宿儺は飛騨地方では、民衆を導いた英雄として祀られておりその立像に共通しているのは柔和な顔と憤怒の顔二つを持ち合わている点です。

武具を帯びている衣服は、どこか唐の時代の鎧を連想させます。

飛騨地方には、縄文遺跡が多くあり飛騨国が存在したとかしないとか・・・(ここからは、私のムー的仮説です)

唐の時代の反映が618年〜907年、日本書紀が書かれたのが720年のためあくまでも仮説ですが宿儺は唐の国から渡ってきた人物なのではないでしょうか?

唐の時代の人物であるとすれば、彼の有名な呪術・蠱毒を知っていてもおかしくないのかもしれません。

蠱毒について罰する法律を記載した唐律疏義(とうりつそぎ)が書かれたのが652年ごろらしいので年代的にも一致します。

 

虎杖の両面宿儺完全体を予想する

宿儺化した虎杖は、漫画初期では姿こそ虎杖のままですが体には文様らしき刺青が出現します。今後、宿儺の逸話通りならもっと悪鬼の如き姿に変容することでしょう。

ゲーム「仁王2」で登場する両面宿儺の姿は逸話に比較的忠実な感じで、ゲーマーを震えあがらせる強さです。

漫画第1巻では、目が4つ存在する姿も描かれていおり伝承通りの宿儺のイメージではなくオリジナル要素も盛り込んでいるようです。

個人的には、背景モデラーの武田 侑也さんのデザインする宿儺に近いイメージになるのではないかとと思っています。

芥見先生の描く両面宿儺完全体が、どんな姿になるのか楽しみです。

 

まとめ

両面宿儺と言う存在は、呪術廻戦ではそこまで深く描かれていないのですが大変興味深い存在です。

呪術廻戦に出てくる両面宿儺は、最悪の存在とされていますが嫌々ながら虎杖を助けてくれたりするあたりはまるっきしの悪そのものではなく逸話と同様に二面性がある人物なのかもしれません。

最終的には、虎杖を苦しめる存在になるのか、はたまた味方として力を貸すのか活躍が楽しみです。

小難しい話になってしまったので最後に、作中で五条先生の買ってくる「喜久福」は、仙台の老舗御茶屋「お茶の井ケ田・喜久水庵」が食べるお茶をコンセプトに作った和スイーツです。

アマゾンでもお取り寄せできるのでアニメ本編を見ながら食べてみてね!

 

良作に触れて頂く機会に、この記事がなれば幸いです。

 

-作品紹介

© 2021 巷談チャンプルー Powered by AFFINGER5